パソコンのやりすぎで頸椎症に…鍼灸治療がいいみたいでもなんか怖い

頸椎症になりやすい人の特徴としてデスクワークに従事することがあります。
パソコン作業はその代表格であり、パソコンが一般的に普及してから肩こり・頭痛などを感じる方が増えたのです。
頸椎症が発症したときは自力で治すのは困難なので、鍼灸治療をおすすめします。
姿勢が悪くなっている状態を正すことは大切ですが、同時に発症している痛みを解消しなくてはいけません。
痛みは日常生活に多大なデメリットを引き起こすので、一日も早く鍼灸治療で楽になってください。h3

姿勢が悪くて頸椎症に

パソコン作業を長時間行っていることもあり、頸椎症のリスクを心配していました。
出張中もよくパソコンを使用するので、常に肩こりや首のこりを感じていましたね。
そんな生活が長期間続いていたこともあり、とうとう頸椎症を発症してしまったのです。
昔から姿勢の悪さは認識していましたが、一時的に改善してもすぐに元に戻ってしまいます。
人間にとって楽な姿勢は最高ですから、自然と悪姿勢に戻っていくのです。
逆にいえば悪姿勢が楽だと感じるようになってきたら要注意ですね。

頸椎症を発症すると痛み・しびれなどが発生し、また以前より疲れやすくなりました。
疲れが慢性化すると厄介で、それが大きなストレスになりましたね。
この頃から睡眠の質が悪くなりまして、熟睡できないようになったのです。
疲れているのですぐに眠たくはなるのですが、中途覚醒が頻繁に起こっていました。
途中で何度も目が覚めるので、しっかり眠ったという感じがしません。これは問題があると考えて、鍼灸治療を受けることにしたわけです。

初体験の鍼灸治療

今までの人生で鍼灸治療を受けることは初めてでした。
鍼を打つわけですから痛そうで怖いと思いましたね。
当初は整体や接骨院などの利用を考えていましたが、友人から鍼灸治療を勧められたのです。
痛みはほとんどないと話していましたが、当初は嘘だと思っていました。
しかし実際に施術を受けてみると、いつ鍼を打ったのかわからないほどです。
まったくと言っていいほど痛みがなく、なぜ痛くないのか不思議になって鍼灸師に聞いてみました。
すると極細の鍼を使っているため、痛みを感じないとのことです。

鍼灸治療は根本治癒に最適だそうで、原因に作用してくれるそうです。
最初は半信半疑でしたが、驚くほどよくなりました。
以前より上半身が明らかに軽くなりましたし、ずっと感じていた痛み・しびれなども解消したのです。
当初はなぐさめ程度にしかならないと思っていましたが、想像以上に実感できて満足です。
鍼灸は痛い部位だけでなく全身に作用するとのことで、確かに下半身の巡りも解消したように感じました。

おススメホームページ
頸椎症治療で鍼灸治療をお考えならコチラのホームページを確認
URL:https://tenohari.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です