東京へのトラックを出張先で見かけたけどチャーター便はデメリットもあるよね

安定しているからとうっかり会社員になると、なかなか自分の思う通りにはいかず出張しなければならないようなこともあります。
もちろん中には出張を好んでいる人がいますが家族がいればなかなかそのようにはいきません。
実際に出張に行ったときには、今までと違った景色を見ることができますがその中にはトラック便などに出会うこともあります。
東京に行けば、見ることができますが、それぞれ良いところと悪いところがあることも知っておきましょう。

チャーター便は便利だけどデメリットもある

トラックのチャーター便を使う場合は、トラックを会社などがレンタルことをいいます。
もちろん会社以外でも個人で借りるようなこともありますのでレンタカーと似たようなイメージを持っておけば間違いないでしょう。
ただ、どちらかと言えば個人で使うよりも業者が使う方がよりメリットが大きそうです。
では、デメリットがないかと言えばそのような事はなくしっかりとしたデメリットが存在しています。
まず、業者によっては金額帯が異なりうまく目星をつけていかないとお金がかかってしまうことです。
借りるのだからお金がかかるのは当たり前ではないかと述べる人もいるかもしれません。
確かにその通りですが、時間が決められているため時間を過ぎて配達することができないことです。
また、場合によってはちょうど良い大きさだと思って借りてみたけども荷物が入らないような場合は借り直さなければなりません。
その時には、お金がかかってしまいますしそれだけでなく希望しているトラックがない可能性もあります。
特に忙しい時期は、ある程度早めに予約をしておかなければいけません。

チャーター便を上手く活用するには

チャーター便を上手に活用する方法は、お金の節約と時間の節約にもつながりますがどちらの場合でもやはり慣れていることが重要になるでしょう。
大抵どのような仕事でも、慣れていれば無駄なく素早く行うことができるのと同じです。
もし気になる場合には、少し大きめのものを借りておくと良いでしょう。
お客さんの荷物を運ぶのにチャーターしたトラックが小さすぎて全て運ぶことができないとすれば間違いなくクレームの嵐になってしまいます。
これを防ぐためにも、最初は少し大きめのものを選びまた余裕を持って借りることが重要です。
余裕を持つとはどのような意味かと言えば、二日間借りたかったと思っていたけどももう1日余分に借りるような場合です。
例えば、渋滞等が発生している場合時間内に届けられない場合も考えられます。
この時焦って荷物を下ろしたりすると荷物に傷がついてしまう可能性があるわけです。
これらのことを考えつつ最初は余裕を持って帰りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です