包茎手術は真性包茎でも可能?

真性包茎の人は手術を視野に入れるべき

日本人でも半分以上の人が包茎に悩んでいると言われており、包茎手術を視野に入れる人は少なくありません。仮性包茎やカントン・真性と程度にかなり差はありますが、特に真性包茎の場合は早く手術をして改善することが求められます。

よく真性包茎では包茎手術をすることができないだとか、難しいと考えている人がいます。しかし、真性包茎でももちろん手術は可能で、むしろそちらの方が包茎手術をするべきという意見が多いです。

真性包茎では亀頭と包皮の間に雑菌が溜まりやすく、性感染症を引き起こすリスクも高まります。不潔にしていると臭いなどの問題はもちろんありますが、深刻な病気を発生することもあり注意が必要です。しかもそのリスクは、男性だけにとどまりません。女性の膣内に不潔なペニスを擦り付けていると、子宮膜炎などを引き起こす原因にもなりますし、コンジロームなどの性病を誘発する可能性もあります。やはり包茎手術を真剣に検討することが男性の責任として求められます。

経験豊富なクリニックで安心の包茎手術を

一口に包茎と言っても様々な種類があるのと同様に、真性包茎にも程度の違いが存在しています。こうすれば良いという一律の方法があるわけではなく、きれいに仕上げるためには技術や経験が必須です。高いレベルで包茎手術を完了するには、たくさんの経験に裏打ちされた懐の深さが肝要です。顔の美容治療に使われるような高級な糸を使ったり、最先端のテクニックを駆使する医師は信用ができます。

真性包茎の人の場合は特に、包茎手術が怖いとか恥ずかしいという理由で治療に踏み切れない人が多いです。しかし、現代の治療技術は日進月歩で進化しており、手術は僅かな時間で終わらせることができますし、痛みのケアにもたくさんの種類があります。包茎手術をした当日からシャワーを浴びることができるなど、治療のレベルの高さは目を見張るほどです。もちろん手軽で簡単というだけではなく、仕上がりのきれいさも大切で、たくさんの引き出しを持っている医師なら安心して任せることが可能です。

まとめ

真性包茎でも包茎手術は可能です。現代ではただ可能というだけではなく、その中の質やレベルの高さが求められています。多くの経験を持つ医師なら、様々な方向からアプローチを考えることができるためその男性にとってベストな選択が可能です。きれいに仕上がり、かつ痛みも少ない包茎手術は実現することができます。周りに知られたくないという男性にとって、包茎手術の簡単さやダウンタイムの短さは大きな魅力です。簡単で早く、かつ仕上がりが良いという包茎手術が、可能な時代になりました。