痛みを感じる真性包茎は包茎手術がおすすめ

包茎手術を行うと真性包茎の痛みがなくなる

真性包茎の人は性行為の際や包皮を剥く際に痛みを感じてしまうことが多く、それによって性生活や日常生活に支障をきたす人も少なくありません。通常時は痛みを感じない人が多いですが、性行為を行う際や勃起した際に真性包茎が理由で激しい痛みを覚えてしまう人もいます。そのままにしている人も多いですが、真性包茎による痛みが自然となくなることはほとんどありません。

亀頭と比較して包皮口が小さいことで勃起や性交渉の際に痛みを感じてしまうので、大変な思いをし続けることになるはずです。包茎手術を実施すれば問題が解決するので、性行為のときに痛みを感じることがなくなります。コンドームを使用すればセックスをしても痛みを感じにくいと思っている人もいるかもしれませんが、子供を持つことを考えている場合などは、早めに包茎手術を行っておくことでコンドームを使用せずに性行為ができるようにしておくべきだと言えるでしょう。

皮脂や恥垢によって癒着している場合にもおすすめ

包茎手術で真性包茎を治すことができますが、真性と呼ばれる症状の中には亀頭よりも包皮口が小さいことで皮を剥くことが難しいだけではなく、包皮の内側に長年の皮脂や恥垢が溜まることで癒着しているケースもあります。この場合も無理に剥がそうとすると強い痛みを感じるはずですが、包茎手術によって問題を解決することが可能です。

剥こうとしても張りついたようになって動かない、強い痛みがある場合は癒着している可能性が高いと言えます。包茎手術を実施すれば皮脂や恥垢が溜まることがなくなるので、癒着による痛みを経験することがありません。この症状は男性自身に痛みがあるだけではなく、性行為を行った際に女性の膣内に雑菌を侵入させることになる可能性もあります。

直接挿入することがなければ平気だと思うかもしれませんが、痛み以外にも臭いなどの問題を抱えている場合が多いので、包茎手術を行うことで癒着を解決することがおすすめです。

まとめ

痛みのある真性包茎は、早めに包茎手術を行うことによって症状を改善しておくべきだと言えます。性行為の際や勃起した際に痛みを感じることが多ければ、日常的に大変な思いをすることになるはずです。また、痛みによって皮を剥くことができなければペニスを清潔な状態に保つことが難しくなり、不衛生な環境を作り病気を発症する原因になることもあります。問題を引き起こさないためにも、早めに包茎手術を実施することがおすすめです。