近々の





現地見学会

 「岩屋神社のおしゃたか神事を見る」

  日時:7月15日(日)

午前9時〜午後1時

   集合場所:山陽電車明石駅前

   参加費:2000円(含む昼食代)

       (昼食を希望しない方は500円)

   申し込み:室津海駅館「嶋屋」友の会

    TEL 079‐324-0595

   締切日:7月10日(火)


現地見学会

         「広峯神社のお田植え祭」を見る 

    ■ 日 時  4月3日(火)  午前10時〜午後1時
    ■ 集合場所  広峯神社
    ■ 参加費    500円(昼食希望者2000円)
    ■ 申し込み   室津海駅館「島屋」友の会

     トヨアシハラのミズホ国である日本では稲作儀礼は大切な民族行事です。
    お田植え祭は豊作を願う予況の一つです。姫路の広峯神社では毎年4月3日
    にお田植え祭が行われます。この祭は、姫路平野の農業と密接に結びついて
    いて、五穀豊穣を祈る神事だけでなく、その年のワセ、ナカデ、オクテの稲
    いずれかの豊作をうらなう行事でもあります。友の会ではこの民俗行事の
    見学会を企画しました。現地見学会
        


   賀茂神社の森を守ろう

    室津の賀茂神社には、兵庫県で唯一のイスノキとタブノキを主とする
   森が残されています。この森は、兵庫県レッドデーターブックのBランク
   (絶滅の危険が増大していて、極力、生息環境・自生地等の保全が必要)
   にも位置づけられています。
    ところが、数年前の台風で、大きな被害を受け、このまま放置すれば、近い
   将来、取り返しのつかないことになりかねません。なんとか私たちの手で、
   りっぱな森に復元したいものです。
    次の要領で、保全作業を行いますので、力を貸してください。
 

        日 時 : 3月4日(日)  10:00〜16:30 雨天決行
       集合場所 : 賀茂神社境内
       駐車場所 : 室津小学校横駐車場
       作業内容 : ・ 林内に繁茂するつるの除去
                ・イスノキ苗植える    ・ 除草マットを敷く
       持ってくるもの : 鎌、軍手、帽子、弁当、水筒
                   (昼食時は豚汁を準備しています)


        連絡先 : 賀茂神社  079−323−3171

 

現地見学会
    
「梛八幡神社の獅子舞を見る」

      
たつの市の梛八幡神社の例祭(神岡)、奉納される獅子舞は県の
      重要無形文化財に指定されています。数百年の歴史があり、
      氏子16部落が交代で当番制となって、伝統の神事、獅子舞を
      部落ぐるみぐるみでにぎやかに奉納します。
      晴れやかな衣装つけた子どもたちが獅子の周囲でたわむれ、
      最後の獅子舞では大人の肩の上に乗ってアクロバットのような
      演技をみせます。友の会では地元の方の協力により企画しました。

                         ■ 日  時   10月20日(木) 午前10時30分〜午後4時                ■ 集合場所  現地
      ■ 参加費    2,000円(含昼食付)

■ 参加人数  15名
         申し込み先 室津海駅館「島屋」友の会
TEL 079‐324‐0595


     


                             2007年は「嶋屋」友の会発足、12年めを迎えます。
                           いろいろなイベントを企画しています。
                           ふるってご参加下さい。

     

2007

                 第6回港町ネットワーク・引田大会

           テーマ 瀬戸内〜海からの港町活用の展望について〜

                         
とき : 平成19年10月6日(土)〜7日(日)

                       会場 :  香川県東香川引田2163

                          讃州井筒屋敷 TEL 0879‐23‐8550

                     
                             スケジュール

                                
 10月6日(土)                                                        受付 13:30     15:00 町並み見学
                              18:30  交流会
                    宿泊  東かがわ市引田3475-1 民宿「潮風」TEL0879-33-5567


                                    
10月7日日)
         
                        パネルデスカッション 9:30〜11:30

             オプショナルツアー 「山賊うどん」で昼食、
歴史民俗資料館見学・讃岐和三盆見学
                                       
                         
  お申し込み先 FAX 0879‐23‐8551
                         アクセス  高松自動車道 引田ICから5分
                   高速バス引田停留所からタクシー5分 東讃協同タクシー 0120-252643

                         〒769−2901香川県東香川引田2163 讃州井筒屋敷内
                          
NPO法人 東かがわ市ニューツーリズム協会
                       TEL 0879‐23‐8557
 akazawa@hnt.or.jp




                 2007
             参勤交代ハイキング

 「嶋屋」友の会では、数年前より、室津から山陽道へ通じる室津街道を
整備しています。この街道は江戸時代参勤交代に利用され大名行列が
通った道で、その詳しい記述をシーボルトは『江戸参府紀行』に残してい
ます。昨年度、たつの市合併記念、山陽道の宿場町・正条から室津まで
歩く・参勤交代ハイキングを企画しましたが、雨天のため中止となりまし
た。この企画を要望する方が多いので、3月18(日)に、揖保川教育事
務所の協力にて再び行なうことになりました。なお、当日は賀茂神社参
籠所にて、午後2時半から講演「シーボルトと室津」を予定しています。

         室津街道          見晴らし峠

室津街道整備記録




2006

             第5回港町ネットワーク・瀬戸内しまなみ大会in宮窪

             〜島で暮らす人々 しまなみ街道 昨日 今日 明日

                
と  き   平成18年9月9日(土) 13:30〜16:30
                    会  場   みやくぼ石文化運動公園多目的ホール

                    プログラム
              基調講演  「瀬戸内海の海の道の再興」
                    
NGO ピースウインズ・ジャパン
                                  統括責任者  大西 健丞


                     事例発表
              
・ 都会から見た島暮らし(京都からやってきて島で農業栽培
                                 
上島町   古川  泰
              
・ しまなみグリーン・ツーリズム
                                         農家民宿の会会長  井上  正 
                  ・合併後のいま    
                                         産直市連絡会会長  柳原 則夫
                  ・ 橋が出来て島の暮らしはどう変わったか
                                         今治市伯方町主任自動委員  中野 和美

                           パネルデイスカッション

                    18:00     夕食       喜多寿司
                    19:00     しゃべろうや、話そうや・・・・・・・・    石文化交流館和室
                           宿 泊      石文化交流館

                        9月10日(日)
                           
                    9:00      能島水軍城跡、潮流体験
                   10:00      村上水軍博物館

                   11:30      解 散 
                
                           お問い合わせ
                           今治市世界遺産推進課
                           TEL 0848−25−7312



                現地見学会
「祇園祭(宵宮)を見る」

           祇園祭といえば日本の三大祭りのひとつに数えられ、京都の夏の風物詩でもあります。
          中でも、各町が飾る山鉾は風流の最たるものされています。
          その曳山のひとつである保昌山の胴掛け(丸山応挙下絵)が復原されたのを機に、保昌山
          保存会の(出島理事長)のご協力のもと、繍匠 樹田紅陽氏のガイドで祇園祭りの宵宮を
          見学いたします。単に外から祭りを見るだけでなく、町会所を見学したり、祭りを支える
          町衆のこころなどを学びたいとおもいます。夏の一夜を、祇園囃子を聞きながら祝祭空間
          あふれる京都をあるいてみませんか。

                             7月16日(日)宵宮
                             午後1時京都駅中央口集合
                             会費 5000円(含む夕食代)

                                                

                                             保昌山町会所(宵宮)



    
 歩いて見ませんか、歴史の匂いを吸ってみませんか
   室津街道コンサート


 出演:ひとつ山こえてみよう会
      日時 4月16日(日) 午後1時半〜 
     場所 室津街道・お茶や跡
    
集合場所・時間
            12時40分 室津漁協前・駐車場あり(友君橋下西広場)
             参加費 500円(会員300円)


        はりまの歌をうたうフォーク系バンド「ひとつ山こえてみよう会」
(代表・守谷忠彦)が室津街道の歌をつくっています。
今回、彼らの初のオリジナルCDを制作しました。
      その制作発表もかねて、友の会では室津街道でコンサートを
   おこないます。青空のもと自然と歴史の風を感じながら
音楽を楽しみませんか。
       現地コンサートというはじめての企画です。ぜひ、ご参加下さい
なお、CDは当日販売(2,000円)いたします。

       お申し込み 海駅館「嶋屋」友の会まで 
    TEL 07932−4−0595


                            守谷忠彦詩集
                        『はりま・ふるさとの詩(うた)』発刊

   
                                  播磨の根っこ、はりまの恵み、を歌う 

                                  嶋屋友の会の会員である守谷忠彦氏が
                                  自分の歌の詞をまとめて、地元をテーマに
                                 した詩集を発刊しました。室津の詩満載です。


                          絵・桝本佳子(室津出身) CD3曲付
                                     定価 1800円(会員 1600円)


                             2005

 


                 港町ネットワーク ・ 瀬戸内
 三ノ瀬&御手洗イベント
                                         
港町ネットワーク ・ 瀬戸内
               日時 2月19日〜2月20日

               【 スケジュール】
                
                 《19日》

                
11:10 呉市広駅前集合 (北側) 集合
  
                   〈11:16発〉  呉市広駅前より路線バス利用
                   〈11:39着〉 三ノ瀬(下浦刈島)
                           (昼食・各自)

 
                  〈12:40より〉
                           ・朝鮮通信使の歴史について : 1時間(蘭島文化振興財団副理事長 柴村啓次郎 氏
                           ・松涛園 (旧木上邸陶磁器館、朝鮮通信使資料館 御馳走一番館、旧吉田邸
                              あかりの館、浦刈島御番所)
                   〈16:12発〉 三ノ瀬より路線バス利用
                   〈17:55着〉 御手洗
                           ・ふるさと学園にて宿泊
                           ・夜なべ談義 (島・港・合併などなど、いろいろ語りましょう)


                 《20日》
    
                   午前中   御手洗
                           ・ 「しまと島の交流とは」1時間(豊町教育委員会) 片岡 智 氏) 
                           ・ 御手洗散策
                           ・ 「木造船のあった時代御手洗」 30分 (宮本国也 氏)
   
             
                     
参加費 : 無料  費用各自持ち
                          申し込み :  室津嶋屋友の会 室津海駅館内(TEL 07932‐4‐0595)
                                  尾道市企画部世界遺産推進課 (TEL 0848‐25‐7312)
                                                      (FAX 0848‐37‐2740)


         2004            

             八朔のひな祭  in 室 津

                         2004年8月18日〜8月31日(火)
               
                           一般にひな祭りといえば3月3日ですが、室津では
                              この日ではなく、八朔のひな祭りといって旧暦8月1日
                          に行いました。その理由として、永禄9年(1566)の
                          室山城落城という悲しい出来事があると地元ではい
                          われています。
  
                           それは、「室津追考記」によると、永禄9年1月11日
                          の室山城主浦上正宗の弟の宗景の結婚式の夜に、
                          かねてより対立関係にあった龍野城主赤松政秀の
                          急襲にあい、花嫁は奮戦むなしく討死し、正宗は自害
                          しました。室津の人々はこの悲劇を悲しみ、非業の
                          死を遂げた花嫁の鎮魂のために3月3日ではなく、
                          半年遅れの八朔にひな祭りを延期したといいます。
   
                           八朔のひな祭りでは、、前日に米とモチ米の粉で鯛・
                          果物・野菜を作り(これを新粉細工といいます)
                          ひな壇に供えました。供えた新粉細工はお下げして
                          近隣に配ったり、家内中で砂糖醤油をつけて食べま
                          した。また、新粉細工は、子どもたちが「タイヨーエ、タ
                           イヨーエ」といいながら持ち歩いたので、つまみ食い
                          をしないように、行儀のたしなめと健康を願って子ど
                          もにヤイト(お灸)すえました。

                          
8月17日から8月28日まで
                          
ちょうちんを軒にかけている家がそうです。


               
【 関連行事 】

                           大西たか与ひいな展
                             
(於、室津海駅館)
                      
日本画家、大西たか与は、1982年より日本画
                          をはじめ、日展入選3回、日春展3回、京展入選
                          3回など経歴の誇る御津町在住の画家です。
                          八朔のひな祭りの期間中、大西画伯の特別の好
                          意で、雛人形の絵画を展示しています。
                          (要、入館料200円)


                           
たそがれイベント
                       
8月29日(日)午後6時半〜8時

                      
賀茂神社にてローソクの灯火による明かりの
                          イベントを行います。境内では、「紫音(しおん)」
                          (しの笛とシンセサイザー)による演奏もあります。
                          当日は、ひな人形を飾っている民家をはじめ、
                          海駅館と民俗館も夜開いています。夕涼みかね
                          て、室津にお越し下さい。(無料)

                     
  トップページ


 

     港町ネットワーク ・ 瀬戸内  室津大会

   室津の夏越祭は、男が中心の豪快な裸祭りです。ふんどし姿の男が山車(だし)
 を担ぎ、街中を練り歩きます。黄昏時に船で茅の輪人形(ひとがた)を海に流し、
 夏の疫病から身を守る、港町らしい夏祭りです。
   港町ネットワーク・瀬戸内「室津大会は」この瀬戸内の祭りを見て、瀬戸内海につ
 いて考えようという大会です。テーマは(瀬戸内海を語る)で、民俗、漁業、海運、
 町並みの分野から瀬戸内海を語り、新しい瀬戸内海作りを探ります。
 瀬戸内海や街づくりに関心のある方はぜひご参加下さい。

                  スケジュール
   
    第1日 7月25日(日)

      13:00  受付・室津海駅館

             夏越祭りと室津見学

      16:00  開会のあいさつ(会場・梅香園)
       
             基調講演

             「瀬戸内海の海民文化」  沖浦 和光 (桃山学院大学名誉教授)

      18:00  船中大祓い見学

      19:00  懇親会(〜21:00)(会場・きむらや) 

    第2日 7月26日(月)

       8:20  OP ボートウオツチング

       9:30  シンポジウム  (会場・梅香園)

            「瀬戸内海 むかし、いま、みらい」

          パネラー : 谷川 健一 (日本地名研究所所長)
 
                  谷沢 明   (愛知得大学教授)

                  松木 哲   (神戸商船大学名誉教授)

                  鷲尾 圭司 (京都精華大学教授)

          コーデイネーター : 橘川 真一 (播磨学研究所所長)

      12:00  閉会あいさつ  

  参加費 (含 資料代) 2,000円  (会員 1,500円)

  懇親会  参加される方は 4,000円

  宿泊施設 (宿泊される方)  きむらや旅館 ・ 6,500円(朝食つき、税込み)

                    浄運寺 ・ 3,250円 (朝食つき、ユース会員 2,750円

                    キャンプ (大浦海岸) 500円 (含駐車代)

  OP ボートウオツチング 8希望者のみ) 1,000円

           夏越祭り(賀茂神社境内)                 室津の港(西側より)

 


2003

 

                       ’03年町並み見学ツアー             

                矢掛(やかげ・岡山県)

         ●場 所 : 岡山県小田郡矢掛町矢掛  
          ●交 通 : JR伯備線・清音駅で井原鉄道に乗換え矢掛駅下車後徒歩約10分。
          ●案 内 : 矢掛宿は、旧山陽道の第18番目の宿場町で、産業・交通・文化の中心地として栄えた 所です。
         

          ●日時 : 11月23日(祝) 集合:室津漁業組合 集合時間:午前9:00 会費:4000円(昼食代含む) 

        矢掛には全国で唯一、本陣と脇本陣の両方が残り、共に国指定の重要文化財に指定されています。本陣は一般に公開されています。
        本陣沿いの旧山陽道沿いの町並みにも妻入り造りの町屋が並びます


        途中吉備津神社により本陣で昼食その後、庭園を見学します。

                          本陣・旧石井家                         脇本陣・高草家

           矢掛町ホームページ             

           http://www.town.yakage.okayama.jp/index_top.htm

 


 

● 偕楽塾・英語を話そう

       「こうしたら上手くなる。講師とっておきの
        テーチング」

       8月10日(日) ・17(日)・31(日)
       9月未定 午前10時〜正午    
       受講料: : 会員   2000円
             会員外  3000円

   ● 八朔のひな祭りのご案内

      婚礼の日、室山城が襲撃され、悲劇の花嫁を
     鎮魂するため、この度、ひな祭りを復興。

       8月17日から8月28日まで

        18軒の家がお雛様を飾り、目印に
       ちょうちんを軒に吊っています。
       この期間、外来者にみせます。
       
      「八朔のひな祭りをみるツアー」

      8月24日(日) 午前10時〜午後2時
      参加費 : 1500円(昼食代含む))

            ●  ヤッホーの森(揖保川町)を歩く 
    
      9月14日(日)
      参加費 : 200円(弁当持参)


   ● むろのつ(会報誌) Vol 10 近発行

     特別寄稿 「室津の遊女] 

 


 

          03年3月9日(日)・・・・シーボルトが室津を発った日

         
よみがえる室津街道を歩く

           
オープニングセレモニイ

               待ちに待ったオープンの日です。新聞、町広報にも案内され、約150人参加がありました。オランダ総領事を迎え、
             お茶や跡で総領事、小学校児童による桜の記念植樹(ウコン−黄緑の花が咲く)をしました。 
             下山後、賀茂神社でお茶を頂き、シーボルトが讃えた参ろう所から見える瀬戸内海を見ながら、総領事夫妻、宮司さん
             を囲み食事会をしました。総領事も大変喜んでおられ、参加者一同、タイムスリップして当時におもいをはせました。、

    参加者ーお茶や跡      オランダ総領事   参ろう所から見える瀬戸内海     参ろう所で食事会

     トップページ


2002

       「嶋屋」友の会五周年記念
               
チベットのこころ 日本の心
             チベットの歌姫
            バイマーヤンジン・コンサート
                       
ピアノ・高瀬 佳子
       
 希望を届けたい遊牧生活の子に

  バイマーヤンジンさんはチベット出身で、中国 
国立四川音楽大学の声学科で西洋オペラを専攻し、
日本でただ一人のチベットの歌手としてチベットの
文化、習慣を紹介するとともに、教育を受ける機会
の少ない故郷チベットの子どもたちのために小学
校を建てようと日本全国で講演会やコンサート活動
を行っています。
 チベットや中国の民謡、日本の歌、オペラなど
ピアノ伴奏、アカペラで歌います。
 チベット文化と日本文化のちがいを理解し、人々
が協力して生きてゆくことの大切さを考えるきっかけ
になればと思い、このコンサートを企画しました。
 バイマーヤンジンさんの素晴らしい歌声とユーモア
ある日本語のトークコンサートです。
 またチベットと日本の文化の交流ということで地元
の大正琴のグループ「ミッキーマウス」が友情出演し
ます。
 是非お聴きください。

          ごあんない

  日   : 6月2日(日)

  開場 : 午後1:00  開演 1:30

  会場 : 御津町文化センター

  会費 : 一般 1000円 高校生以下 500円
           
  友情出演 : 琴伝流大正琴・ミッキーマウス
           (御津町)

  チケット販売 : 御津町文化センター、室津海駅
             館他           
  主催 : 「嶋屋」友の会

  後援 : 御津町教育委員会

  お問い合わせ : 室津海駅館 07932-4-0595



        5周年イベント企画

            〇 室津街道 歴史散策道として完成    3月末
            〇 会報誌・むろのつ・10号 5周年記念号
            〇 潮干狩り・唐荷島 4月
            〇 チベットの歌・コンサート  6月
            〇 ブックレット (10歳以上対称) 
            〇 海駅館ライブ 秋

     詳細は近日中UP!

〜室津海駅館 特別展(御津町合併50周 年事業)〜        朝  鮮  通  信  使
               ―海を渡った使節団―
      

■ 期日 10月30(火)〜11月25(日)  

■ 会場 御津町立 室津海駅館

※ 入館料300円(会員は100円)
        


2001

 

海駅・室津 港の美術館

ー出品作品の名前募集ー

港や参道に現代アート7点

国際的な彫刻家・牛尾啓三さん、石彫家・水田勢二さん、佐藤尚宏さん

染織家・西山まい美さん4人がボランテイアで作品をだす。      

  由緒ある賀茂神社参道、室津海駅館入り口など四ヶ所に7点、彫刻や 

染織品を展示、景観に溶け込む作品、異質な空間を生み出す作品などさ

まざまで、訪れた人は町歩きと美術鑑賞を同時に楽しめます。    

海や船出会いテーマに石彫で作品名は来場者から募集する。

@ 隠された言葉    佐藤 尚宏作

A あ、うん      水田 勢二作

B 空間のメビウス    牛尾 啓三作

C 貝殻のヒトリゴト   西山 まい美作

D 潮風の門      西山 まい美作

E 隠された言葉    佐藤 尚宏作

F 「オウシ・ゾウケイ」梅花  牛尾 啓三作

G 作品名募集     水田 勢二作

    § 応募用紙 海駅館にあります

12月9日 作者によるシンポジウム(無料)

スタート 10/10〜12/25 エンド  

              主催  室津を生かす会(半田勉会長)

 


町並み見学ツアー

所 : 御手洗(みたらい)

 日 : 11月18日(日)

午前7時半(マイクロバスで室津発)
〜午後7時(室津着)
  

会費 : 6500円(昼食、フェリー代含む

定員 : 30名

                            申し込み海駅館・「嶋屋」友の会宛  TEL 07932-4-0595              

                 


朝鮮通信使特別展・見学ツアー

今朝鮮通信使が再び脚光を浴びています。
NHKテレビ人間講座では、仲尾宏先生が「朝鮮通信使」を
講義しています。京都」新聞では昨年1年間日曜版のトップ
を朝鮮通信使で飾りました。
そして、ただいま京都文化博物館では「こころの交流 朝鮮通信使」と題して本格的な特別展が催されています。
日韓両国の絵画的資料を多く用いて、とてもビジュアルな展示となっています。
友の会では、今回この特別展を見学する企画をたてました。
また、二条陣屋(小川家・重文)も見学します。
 
日時: 5月27日(日) 於て 京都文化博物館
 集合: 午前10時現地(京都)集合
 参加費 : 5000円(昼食代含む)
 申し込み: 海駅館「嶋屋」友の会宛往復葉書又は電話で
       TEL 07932-4-0595
 


〜春風に誘われて、瀬戸内海を歩きませんか〜
野瀬大師の道を歩く
 
野瀬(相生)から、お大師さんの道を歩き、大浦(御津町)海岸にてバーベキューをします。

      ● 日時    3月20日(祝日)  午前9時30分室津を出発
● 参加費  1500円(バーベキュー代含む)   
          ● 定員     約30名 往復葉書で海駅館にお申し込みください。


                                              2000               

 

                現地見学ツアー
                瀬戸内海の港町・下津井をみる
           
                   下津井は古くからの港町で、江戸時代には岡山藩の公定の
                  13の在町の一つとなり、商港・漁港として繁昌しました。
                  鷲羽山のふもとにあり、瀬戸大橋の架橋により、近年観光地
                  として注目されつつあります。
                   その、まちづくりの核であり、資料館として活用されている
                  廻船問屋を見学します。また、瀬戸内海を代表する産業で
                  富をなした野崎家などを訪れます。
                  変わり行く瀬戸内海の港町をみる良い機会です。
                  ぜひ参加ください。
                  
                      日時   11月23日(木・祝) 午前9時室津港発
                      参加費  5000円(昼食代・交通費含む)
                      定員    30名
                      申し込み 往復葉書で海駅館まで

                         主催  「嶋屋」友の会

 


          室津海駅館特別展 ―日蘭交流400周年記念―

       オランダ商館長の
        江 戸 参 府 展
      
江戸時代、オランダは日本と西洋との接点になった唯一の国です。
           そして貿易を行うお礼として義務ずけられたのが、江戸参府です。
           今回の特別展では、江戸参府の意義、オランダ人が
室津で見たも
           のなどを中心に日蘭の交流を紹介します。

           11月1日(水)〜11月26日(日)  会場 
室津海駅館
                                    TEL 07932−4−0595
           記念講演  講師 森下 雅代先生

           演題  
「江戸のきんからかわ」  日時 11月3日(金・祝) 午前10時から

                展示説明会 日時 11月12日(日) 午前10時から


          主催 御津町教育委員会/海駅館等運営委員会
          共催 室津を生かす会/「嶋屋」友の会
 
    


    室乃津祭   11月5日(日)10:00〜13:30

      買って納得、食べて満足・室乃津に大集合

第一会場・室津港荷揚げ場

魚のつかみどり
 特設プール(小学生以下)・10:30
直売会
 新鮮魚・生カキ・野菜の直売
 カニミソ汁試食会・各種模擬店
ステージ
  室津の謡
  「棹のうた」合唱・室津小学校
  御津梅太鼓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  目方せり市・12:00〜
            ◎駐車場有り  

第二会場・大浦海岸

漁業体験
 地引き網(せり市)・10:10〜12:30
大声大会・12:00〜

主催:室津活性化対策実行委員会
問)みつ町産業観光課(TEL07932-2-1004)
            
◎駐車場有り

 


               文化講座

川柳をたのしむ

        しあわせのほころびを縫うもめん針
        風の日にまっすぐ歩く罪もある
        嘘つきの背中に昼の雲が湧く
        やせた女の涙をきらう猫柳
        如月にうつくしく死ぬ生殖器

お話し:大西 泰世さん

 日時 : 10月8日(日)午前10時より

                 受講費 : 300円(お茶お菓子代含む) 海駅館にて

 はりまの川柳作家、いや兵庫の作家、数冊の句集を出され

大学の講師も勤める。彼女の心のひだをなぞるような不思議

                な世界へあなたをいざなう。

                 1949年姫路市生まれ。
                26歳のときから川柳を始める
                著書に、句集 「椿事」 「世紀末の小町」 「こいびとになって
                くださいますか」 、共著に 「現代の俳句」 「短歌俳句川柳
                101年」他がある。

                現在、関西学院大学、姫路工業大学非常勤講師。
                日本ペンクラブ会員。
                朝日新聞夕刊 「大西泰世の女と男の夢川柳」選者、
                NHKラジオ「土曜ほっとたいむ」 レギュラー。

                        主催  「嶋屋」友の会


室 津 海 駅 館 企 画 展

 こんな 
 室津に 
  なったら
 いいな

期間 8月16日 〜 9月17日

           企画展

             「 こんな室津になったらいいな 」  展

               御津町室津は平成6年 (1994) に県の
               景観形成地区の指定をうけ、歴史や地域性を
               活かしたまちづくりをめざしています。
                まちづくりは未来をみすえたものでないと
               いけません。 次の世代になにを残し、なにを
               つくっていくのかが問わてれます。その意味
               では、まちづくりは子孫のためでもあるのです。
               そのためには、 若い人の考えを知ることも
               大切です。
                 今回、室津小学校と明石工業専門学校
               のご協力により、 室津の未来像の一部を紹介
               することにしました。 この企画により、世代間
               のコミュニケーションがうまれ、 今後のまち
               づくりの一考になることを願っています。
                  

          主催  御津町教育委員会

 協力 室津小学校・明石工業高等専門学校

お問い合わせ・室津海駅館 TEL 07932−4−0595

 


 

夏越のまつり(室津)見学

        7月30日・昼宮(午後1時より・夕方食事会)

        昼宮には屋台(やつたい)がでる。屋台は山車(だし)である。
        神霊を招くための造り山の一種である、、


            現地見学会赤松氏のふるさとをゆく
            ー5月7日(日)に開催しますー

                   赤松則村 (赤松円心) の古里へいってみませんか。
                  赤松円心は、白旗城本拠地として播磨、備前、美作の
                  守護大名として3ケ国を治めていました。白旗城は国
                  指定史跡になっています。
                  この城のある山に登って散策しましょう。お昼からは、
                  牡丹の寺に行き花と戯れましょう。牡丹の寺は大通
                    宝山富満寺 万勝院といいます。
                  庭には牡丹が一万本余り植えられています。
                  ご一緒に上郡の中世にタイムスリップしましよう。
     

               見学予定コース 

                (室津) ―上郡―法雲寺―円心館―白旗城跡―万勝院― (室津)

                      ※白旗城で昼食。地元ガイドが同行します。  


第4回 「偕楽塾」 開講

「 石を語る 」

            今回の講師は、石の彫刻家 牛尾 啓三先生です。牛尾先生は石の造形
           の可能性に挑む彫刻家として有名で、日本はもちろん国際的にも活躍されて
           います。今回は 「石を語る」 というテーマで彫刻家としてお立場から、石に
           ついてのお話をしていただきます。
            そして実際に室津のまちを歩きながら、室津の石造物を見る予定です。
           石のもつ深みや面白みなど、思わぬ発見があると思います。
           是非ご参加下さい。

                     ● 第一講  4月23日 (日)

                     ● 第二講  5月28日 (日) 時間はいずれも午前10時〜正午

                     ● 受講費  会員  1,000円

              会員外 1,500円 (お菓子代含む)   

      ● お申し込み方法 : 海駅館 「嶋屋」友の会まで 
TEL07932−4−0595


2000年・第3回 「偕楽塾」 始まりです。

「オーストラリアとデンマークの歴史的景観を守るしくみ」

 1回目 1月30日(日) いずれも午前10時から正午、海駅館にて

               2回目 2月27日(日) 

            受講費 : 1500円 (お菓子代含む)

             お申し込み方法 : 海駅館 「嶋屋」友の会まで TEL07932−4−0595 

講師・ 八木雅夫 先生

八木先生のホームページ「メルボルンだより」で詳しくみることができます。

            「嶋屋」友の会 リンク集をご覧ください。


        鞆の浦(広島県・福山)見学ツアー

          〜歴史ただよう港町を現地研究者と歩く〜

      日 時 11月28日(日) 
       午前8時30分(マイクロバスにて室津発〜午後6時室津着
      
参加費  5000円(昼食代含む)
      
定 員   30名(定員になり次第締め切ります)
     
申し込み 往復ハガキで海駅館・「嶋屋」友の会宛て、住所・
              氏名・会員番号明記の上お申し込みください。

 
          鞆の浦は友の会リンク集・漁港の風景(写真にて各地の風景)をご覧ください。

                 

          特別展 『室津の町並み』 写真・絵図・絵馬

10月10日〜11月14日  民俗館にて

 本展は室津の最盛期である近世の町並みを絵図、模型」などで
紹介し、現在までの推移を示します。
室津の町並みを描いた絵馬、1/500の室津の模型、近世の絵図
など日頃みることができない貴重な品々が展示されます。
 この特別展を見てから、室津の町を歩いてください。
町並みを見る目が変わりますよ。関連の催しものも用意しています。
ぜひご来館ください。
    記念講演 10月17日(日)午前10:30 海駅館

 講師 上田 博之(大阪市大教授) 

 主催 御津町教育委員会

 後援 嶋屋友の会                              

       特報

  9月11日(土)午後11時から

      NHK教育テレビ

        司馬遼太郎『街道をゆく』 室津みち・山崎より室津

   トップページ