Since       99/07/30
Last up date  17/08/07
 
歴史とロマンの室津へようこそ!賀茂神社、室津港など歴史満載の 案内があります!

主な内容

 「嶋屋」友の会  豪商「嶋屋」が修復され、海駅館としてスタート、と同時に 「嶋屋」友の会発足。文化を通して町づくりを全国に発信。報誌「むろのつ」更新年2回発行、Vol.8発行。
 友の会イベント  人気の町並み見学ツアー、偕楽塾(寺子屋)、室津ボランティア ガイド、唐荷島ツアー、子供のふるさと探検等等。近々のイベント
 室津港・その歴史  奈良時代、高僧行基が定めた摂播五泊、当時の面影を残す 唯一の港、千数百年の歴史と今。 播州室津港油彩展(森下 清)
 海駅館「嶋屋」  江戸後期、廻船問屋「嶋屋」を2年を要して修復、 平成9年、海の駅としてオープン。4つのテーマで展示  『廻船、参勤交代、江戸参付、朝鮮通信使』
 賀茂神社  国の重要文化財、「こんな田舎に京都がある。」と高倉上皇に言わしめた 。平清盛、足利尊氏、義満等がお参り、毎年、四月の小五月祭り
で「棹のうた」が奉納される。夏には夏越祭り、船中御祓いがある。
  室津の祭り 夏越祭り八朔のひな祭リ、小五月祭り
 唐荷島  室津のシンボル、多くの歌人、万葉人に詠まれている。唐荷島十景
  室津PHOTOガイド  名所、史跡をPHOTOで追跡。 バス時刻表更新
 室津と文学   赤人が西鶴、近松が、谷崎潤一郎、夢二が、司馬遼太郎、木下杢 太郎、平岩弓枝が、 他、文人が書いた室津、愛した室津。文学の宝庫を案内。 室津のオリジナル詩と歌
   おすすめ・ウオーク  室津はうってつけの散策コース、カメラを、キャンパスを
室津ウオ−キングコース・食事処、休憩、旅館、ショッピング紹介室津街道・整備日誌 とんび岩通信・「室津街道と屋津坂(明治の新道)」
 リンク集  はりま・西部の情報とおすすめリンクの紹介。
 嶋屋友の会・掲示板  気楽に書き込んで下さい。あなたのご意見、
情報発信をお待ちしています。


                                                       
  告知板    


   企画展 『竹久夢二と室津』

     岡山生まれの画家竹久夢二が室津に滞在したのは大正6年(1912年)2月
    です。城崎温泉から京都に帰るときに、次男不二彦と飾磨から船で室津に立ち
    寄っています。今年はそれから100年にあたります。室津海駅館では、それを
    記念して、企画展「竹久夢二と室津」を開催します。
    武久夢二と室津を知るよい機会ですので、是非ご来館ください。

       期間 : 9月5日(火)〜10月1日(日)  
       
     「室津懐古」と呼ばれる室津を素材にした作品を中心に夢路が室津に滞在した
    ころの室津を紹介します。

       記念講演会 「武久夢二と兵庫県」   たでのはな美術館 佐野正幸館長
       場所 : 室津海駅館入館料200円(会員無料) 14::00〜15:30


    現地見学会 『横山のチャンチャコ踊りを見る

      揖保川の源流に近い宍粟市一ノ宮横山に鎮座する横山神社は、室町時代の
     風習を今に伝える「チャンチャコ踊り」が奉納されることで有名です。
     「チャンチャコ踊り」は、「神子踊り」とも言われ華やかな着物を身にまとった10人
     ほどの子どもたちが笛、鉦、太鼓に合わせて踊りまわります。県下の他の地域でも
     同種の神事芸能が奉納されますが、横山神社のものが最も古いとされています。

       日  時 : 9月10日(日) 9:00〜17:00
       参加費 : 2500円(昼食代含まず)
       参加人数 : 10名
       集合場所 : 室津    申し込み先 : 室津海駅館






   第15回 八朔のひなまつり 室津

     八月二十六日(土)から九月三日(日) ● 場所/室津海駅館(入館料200円)

   上山百代作品展「千代さんの小さな着物たち」
     ● 場所/室津海駅館(入館料200円)
     ● 内容/市松人形の千代さんのためたくさんの着物を作りました。
           取って置きの着物たちをご覧ください。

   引田(東かがわ市)の雛人形展示
     ● 場所/室津民俗館(入館料200円)
     ● 内容/海の文化の交流として、四国の風待ち港・引田(東かがわ市)
           から雛人形を飾っています。

   「シンコ細工」つくり
     ● と き/8月26日(土)午前8時30分〜11時
     ● 内容/雛人形に供えるシンコ細工を幼稚園児とつくり、浴衣姿の園児が
           それを雛人形会場に配ります。

   ひな遊び
     場所/雛人形展示会場
     内容/期間中各家にて様々なイベントを開催(詳細はマップを参照)

   スタンプラリー
     ●と き/期間中の土、日曜日(8月26日、27日、9月2日、3日)
     ● 場所/雛人形展示会場
     ● 内容/スタンプカードを満たすと粗品進呈

   ひなまつりコンサート
     ● と き/8月27日(日)午後7時〜8時30分
     ● 場所/室津漁協セリ場(無料)
     ● 出演/やんちゃ会、おやじバンドG&Bスペシャルチーム
     ● 内容/懐メロ「ブルーシャトウ」、「夢の途中」、「卒業写真」、など
           フォークソングやニューミュージックの懐かしい曲を歌います。

   ひな遊び会場のご案内

    日   時   会  場      イ ベ ン ト
 期間中午前10時〜午後3時  A青木宅  室津幼稚園絵画展
       同 上  D浄運寺  屏風の虫干し
       同 上  I山下宅  エコ工作 
       同 上  N中川宅  着物リメーク
 8月30日午前10時〜午後3時  F寺村宅  絵手紙教室 参加費60円(葉書代)
 8月30日午前10時〜午後3時  M柏山宅  石ころアート教室材料費1000円
 8月31日午前10時〜午後3時  C横野宅  石ころアート教室 材料費1000円

   詳細は室津海駅館へ  TEL 079−324−0595



  朝鮮通信使世界記憶遺産申請記念

     室津海駅館・連続講座のご案内

    2016年3月に朝鮮通信使関連資料を世界記憶遺産への登録を日韓共同で
   ユネスコに申請しました。今秋に登録決定に向けて、室津海駅館では朝鮮通信使
   という歴史遺産を現在の観光に活かすための全5回の連続講座を開催いたします。
   歴史、観光、まちづくりに関心のある方は是非ご参加ください。

    テーマ : 「地域の歴史を活かした観光まちづくり」

    講師 : 中尾 清先生(大阪観光大学名誉教授)

    内容・日程  各回とも14時30分〜16時

      第1回 : 「観光学事始」 6月20日(火)
      第2回 : 「観光まちづくりによる地域の活性化」 7月13日(木)
      第3回 : 観光行政・政策と観光まちづくりの方向性 9月26日(火)
      第4回 : 「グリーン(ブルー)ツーリズムによる観光まちづくりと第6次産業化」
            10月17日(火)
      第5回 : 「朝鮮通信使を活かした観光まちづくりと日韓・国際観光交流のあり方」
             11月未定

    参加費 : 1回300円、5回通し 1000円(初回一括、返金付加)
          (含、入館、資料代)
    場所&申し込み先 : たつの市立室津海駅館(TEL 079-324-0595)
                〒671−1332 たつの市御津町室津457

            主催 : 「嶋屋」友の会



   現地見学会 「播磨の国宝を巡る 〜 一乗寺と浄土寺 〜 」

    播磨地方には国宝の寺院が4か寺(一乗寺、鶴林寺、浄土寺、朝光寺)が
   あります。友の会ではそのうち2か寺(一乗寺と浄土寺)の見学を企画しました。
   法華山ー一乗寺(加西市)は三重塔と聖徳太子及び天台高僧像が、極楽寺
   浄土寺(小野市)は浄土堂と阿弥陀如来像と両脇侍像が国宝に指定されています。
   三重塔は承安元年(1171)建立の平安時代のものです。
   浄土堂は重源上人による大仏様の建物で、ご本尊阿弥陀如来像は快慶作です。
    どちらも現地ガイドに案内していただきます。
   また、小野では考古館にて「ピックひなまつり」が開催中ですので、それも見学する
   予定です。春の一日を播磨の文化に触れて見ませんか。

      ■ 日   時 : 4月9日(日) 室津発 : 午前8時〜室津着 : 午後6時
      ■ 参 加 費 : 7,000円(昼食、拝観料、資料代含む)
      ■ 参加人数 : 20名(先着順)
      ■ 申し込み : たつの市立室津海駅館 (TEL 079-324-0595)
     
     


   室津街道の整備

    ■ 日 時 : 3月4日(日)
            午前9時〜午後2時
    ■ 集合場所 : 室津漁協前
    ■ 問い合わせ : 室津海駅館(079-324-0595)

      2001年に始まる整備以来、友の会では毎冬有志にて
     室津街道の整備を行っています。江戸時代に思いをはせながら、
     今年は、上記の日時にて行います。
     ご希望の方は、動きやすい服装で、手ノコと弁当を持参で
     ご参加ください。


   室津を身にまとう 2017

    2017年2月14日(火) 〜 3月12日(日)
 
      入館料 : 高校生以上 200円、小・中学生 100円
      主 催 : たつの市立室津海駅館専門委員会
      協 力 : NPO法人、神戸芸術工科大学、「嶋屋」友の会

         アートワークショップ参加者募集!
                   楽しく造形作品を作ろう


      日 時 : 2月18日(土) 10:00〜12:00
      場 所 : たつの市立室津海駅館
      その他 : 無料、先着20名  (小学生以上)
      室津海駅館まで申しこんでください。
            電話 079−324−0595



  室津海駅館特別展

    播磨灘の考古学
  〜室津と海に眠る宝もの〜

    会期 平成28年10月25日(火)〜12月4日(日)
    会場 たつの市立室津海駅館(TEL 079−324−0595)
    開館時間/9時30分〜17時(入館は16時30分まで)
    入館料/高校生以上:200円、小・中学生:100円
    主 催/たつの市教育委員会

   播磨灘からは、ゾウやシカなどの動物の化石や大昔の土器が採集されることが
  古くから漁師の間では知られていました。このような海揚がりの資料を紹介し、
  海中から探る歴史や文化について一般の方々に知っていただくため、室津海駅館で
  特別展を開催いたします。
  本展では、播磨灘および周辺の海底や海岸部で見つかった貴重な資料を展示し、
  室津の海に眠る歴史の一端を紹介します。

   土器 : 須恵器  青磁(輪花皿) 製塩土器 イイダコつぼ 

  ■ 講演会のご案内

    特別展記念講演会 「水中考古学から見た播磨灘」

      講師 : 吉崎 伸 (水中考古学研究所 理事長)
      日時 : 12月3日(土) 14時〜15時30分
      会場 : たつの市立海駅館
       聴講無料、当日先着30名(入館料は必要)

  □ 展示説明会
      11月5日(土) 午前10時30分より
        当海駅館にて
    

  第14回 八朔のひなまつり In 室津

   2016年8月20日(土)〜8月28日(日)

  室山城の落城という悲劇を室津の人々は悲しみ、非業の死を
 遂げた花嫁の鎮魂のために、ひなまつりを3月3日ではなく、半年遅れの
 八朔に行うようになったといわれています。
  

  「関連行事」
 ♪ 〜ひなまつりコンサート
   8月28日(日) 19:00〜20:30
   出演/THE Health Market(フォークソング)
       四季彩(ゴスペル)
   室津魚協セリ場(入場料無料)

  ・作品展「室津のぞけば雛かざり」
    室津海駅館(入館料200円)
    龍野北高校と室津小学校のコラボ
    ひな祭り作品を展示

  ・「ひな遊び」
    雛人形展示会場
       各家にて様々なイベントを開催
       パンフレット参照

  ・「引田(東かがわ市)の雛人形」展示
    室津民俗館(入館料200円)

  ・「シンコ細工」  
    場所/室津幼稚園 午前8:30〜11:00
        雛人形に添えるシンコ細工を
        幼稚園児とつくり、雛人形会場に配ります。
  
  ・スタンプラリー
   とき/期間中の土、日曜日(8月20、21、27、28日)
   場所/雛人形展示会場
   内容/スタンプカードを満たすと粗品進呈


    特別講演会のご案内
      ”地域づくり、観光、アート・・・に関心のある方、
                     是非ご参加ください!!”
      演題 : 「瀬 戸 内 芸 術 祭
               −しかけと地域連携のあり方ー


         講師 : 中野行雄氏(福武教育文化振興財団常任理事)
         日時 : 平成28年6月30(木) 午後2時より
         場所 : 桃井ミュージアム(赤穂御崎)
         参加費 : 無料

          主催 : 西播磨なぎさ回廊づくり連絡会

  
       講演会参加申込書
       申し込み先 : 桃井ミュージアム(FAX : 0791-56−9933)     

             氏名                  勤務先、所属団体
            住所連絡先 〒                  TEL(        )
            参加人数          名




     お花見クルージング in 瀬戸内赤穂芸術際

    日 時 : 4月5日(火) 10:20〜14:30
    参加費 : 3,500円 (含、昼食、「森崎伯霊展」鑑賞料、雲火焼で飲むお抹茶)
    参加者 : 20名(先着)

   西播磨なぎさ回廊づくり連絡会は、西播磨のなぎさの魅力を発見するため、花見       シーズンに海からの花見を企画しました。春の播磨灘クルージングしながら、赤穂御崎
   や万葉岬の桜などを船から鑑賞します。その後、瀬戸内国際芸術祭の広域連携事業
   として桃井ミュージアムで開催されている「森崎伯霊展」を鑑賞します。
   春の西播磨のなぎさを楽しむよい機会です。ぜひ、ご参加ください。

    日程 : 10:20 集合 (坂越ふるさと海岸)
         10:30 住栄丸の船にて海上より花見
         11:40 下船し、各自車にて桃井ミュージアムに移動
         12:20 桃井ミュージアムにて昼食
         13:00 桃井ミュージアムで「森崎伯霊展」鑑賞と雲火焼で飲むお抹茶
         14:30 解散

    申し込み先 : 桃井ミュージアム (0791-56-9933)

          主催 : 西播磨なぎさ回廊づくり連絡会

  ● むろのつ(会報誌) Vol.22 発行!
                    2016年1月

  上インタビュー

       
文化を食べる
           東京農業大学名誉教授 農 学 博 士 
                          小泉 武夫
   
  特集  『食文化』  
      
    
       1.越後村上 ・ サケの味今昔     矢野 敬一 
                             
       2.朝鮮通信士と日本料理
                              奥村 
       3.「 甘い 」 おはなし ー英語の味覚表現ー
                              柏山 泰訓
       4.食文化について
                              編集部

       誌上ギャラリー 「白蓮華仏塔(人生)」
                              岡田 道明
                             
    水で繋がれた歴史の中で 
        その8 『兵庫北関入航納長』の世界
                               岩井 忠彦
    町並み探訪22   「ヘルシンガー」          
                               八木 雅夫   
    絵本「朝鮮通信士」 
       絵 ・ 綱本 武雄  文 ・ 柏山 泰訓
                               
    博物館遊歩22   あずきミュージアム
                               守谷 忠彦

      室津海駅館・民族館共同企画展

   「室津を身にまとう2016」

    ■ 期 間 : 平成2月16日(火)〜3月13日(日)
    ■ 休館日 : 毎週月曜日(祝日を除く)

   ( 第一会場 ) 「室津を身にまとう2016」
             ■ 場 所 : 室津海駅館
   ( 第二会場 ) 「メキシコを身にまとう」
             ■ 場 所 室津民族館
       ※ 入館料 : 両館とも200円(会員無料)

    ワークショップ「室津でアートしよう」

    ■ 日 時 : 平成28年2月28日(日) 9時30分〜12時
    ■ 場 所 : たつの市立室津海駅館
    ■ 定 員 : 20名(事前申し込み先着順)
    ■ 参加対象 : 小学生以上
    ■ 参加料 : 無料
    ■ 講 師 : 谷口 文保(神戸芸術工科大学准教授)
    ■ 内 容 : 港を見学し室津をテーマに皆で共同制作を行います。



      現地見学会
    「加西のキリシタン石仏を見る」

    ■ 日 時 : 平成28年2月21日(日)
             午前10時〜午後3時30分
    ■ 参加料 : 1000円(資料代・拝観料)
    ■ 定 員 : 20名
    ■ 申し込み : 室津海駅館


 
   室津海駅館・特別展
    「江戸時代庶民の旅〜金毘羅参りと室津〜

    ■ 期 間 : 平成27年10月27日(火)〜12月6日(日)
    ■ 会 場 : たつの市立海駅館
    ■ 入館料 : 200円(会員無料)

     関連行事 「展示説明会」 ■ 日 時 : 11月3日(火・祝)午前10時半より

            「講演会」    ■ 演 題 : 「江戸時代の金毘羅信仰と金毘羅参り
                      ■ 講 師 : 北川央先生(大阪城天守閣館長)
                     ■ 日 時 : 11月15日(日)午後1時半より


    唱歌「春の小川」で歌われた
           「春の小川」はその後どうなったのか


    唱歌で歌われた「春の小川」はモデルとなる小川がありました。
   さらさらと流れていた「春の小川」は、その後どのような環境の
   変化ををたどっていったのか?
   水辺と人々にまつわるお話です。

     講師 大手前大学副長
             早稲田大学名誉教授  鳥越 ひろ之先生

      平成27年10月18日(日) 13:30〜  たつの市立室津海駅館
      参加費 無料、入館料200円がいります


  第13回八朔のひなまつり
     2015年8月22日〜30日
    催し物   ■ 室津海駅館  「さをり織りのひな人形えびすアート展」
           ■ 室津民俗館  なつかしき家族のだんらん・渡辺美智子氏人形展
                      引田(ひがし香川)の雛人形展示
                       
        ・スタンプラリー(8/22(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)  
        ・ひな遊び(各雛飾りの家)

    灯りと音楽の夕べ
          「ひなまつりコンサート」
      日 時 : 8月30日(日)18:30〜20:00

      場 所 : 室津児童館広場
      出 演 : パンチアウト・スチール・オーケストラ
            カリブの国から、ドラム缶で作られた打楽器による演奏

        主催 室津を活かす会  後援 たつの市



   現地見学バスツアー

      京都・宇治平等院を見る

    3月15日(日) 午前7時〜午後7時
    参加費 : 8800円(含、昼食、拝観料)
    定 員 : 25名(締め切り3月7日)
    集合場所 : 室津港荷揚げ場

    申し込み : 室津海駅館(079-324-0595)

  企画展 「コラボ・ショール 室津を身にまとう」

       2015年2月17日〜3月15日

    ◆ 活動風景スライドショー ・ 作品展示
    ◆ 2月22日 貝殻や粘土細工で「アートな船」を作るワークショップ
    ◆ 3月7日  町づくりを語り合う座談会

   「コラボ・ショール」はたつの市内にある障害者福祉事務所「NPO 法人えびす」
  と「神戸芸術工科大学」が連携して実施しているアート活動です。
  えびす利用者と大学生、が室津をテーマに。ショールを共同制作しました。

   「コラボ・ショール」は、@ まち歩き A デザイン B ショール制作
                Cフアッションショ− D 展覧会
   5つのプロセスで昨年より展開してきました。(以下略)


 ● むろのつ(会報誌) Vol 21発行!
                    2014年11月30日

  上インタビュー

       
小さな地域から見る世界
           学習院大学教授・福島県立博物館館長  
                          赤坂 憲雄
   
  特集  『地域学』  
      
    
       1.地域学のすすめ       「草木虫魚 皆成仏」 
               京都造形大学教授   中路 正恒
                                      
       2.「播磨学研究所」の四半世紀
             兵庫県立大学特認教授  中本 孝みち
       3.「いくつもの地域学」
                              柏山 泰訓
       播磨の10人  第一回  恵便法師
                              千田 草介

       誌上ギャラリー    先人への想い
                      〜黒田官兵衛の銀白壇漆合子形兜〜

                               岡田 道明
                             
    水で繋がれた歴史の中で その7 中世の水産物の流通   
                               岩井 忠彦
    町並み探訪21       三角西港          
                               八木 雅夫   
    会員の青窓         防津暮色
                               高島 邦夫
    博物館遊歩21       UCC コーヒー博物館
                               柏山 泰訓



  室津海駅館 特別展
   播磨を生きた官兵衛
    〜乱世の中の室津〜
   と き  2014.10/22(水) 〜 11/24(月)
   ところ  たつの市立室津海駅館

    関連イベント
     ◆ 歴史講座 「黒田官兵衛とたつの」
         10月26日(日) 13:30〜
         講師 本山 一城 氏 (漫画家・歴史研究家)
     ◆ 我こそ官兵衛なり
        鎧・兜を着てみよう  11月9日(日)、15日(日)
         先着5名
     ◆ 展示説明会
         11月16日(日) 午前10時30分〜  柏山 泰訓氏

     ◆ 室山城を歩く  官兵衛ゆかりの地、八朔のひな祭りの起源の地
         11月23日(日) 午後1時より
          集 合 : 室津海駅館 参加者20名 
          参加費 500円(会費200円、含む資料・コーヒー代)

   
  第19回 室之津祭
     11月9日(日) 荷揚げ場 午前10時〜午後1時
       魚介類の販売 多数の模擬店 魚のつかみ取りなど 各種イベントあり
       お茶席(500円、賀茂神社・参籠所 午後4時まで))
               

  第12回 八朔のひなまつり In 室津

   2014年8月23日(土)〜8月31日(日)

  室山城の落城という悲劇を室津の人々は悲しみ、非業の死を
 遂げた花嫁の鎮魂のために、ひなまつりを3月3日ではなく、半年遅れの
 八朔に行うようになったといわれています。
  今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」では幼馴染みで初恋の人
 (名は「おつた」)という設定で放映され、話題になりました。

  「関連行事」
 ♪ 音楽の夕べ〜ひなまつりコンサート
   8月24日(日) 18:30〜
   「キャンドルの灯かりのもと〜オーボエとフルートの調べを〜」
   室津児童館広場

  ・「古ぎれで遊ぶひなまつり」
    室津海駅館
  ・「官兵衛の初恋〜悲運の姫の物語〜「
    室津みんぞくかん
  ・「引田(東かがわ市)の雛人形」展示
  ・シンコ細工作り
    8月23日(土)午前9:00〜
  ・謎解き官兵衛の宝探し
    8月24日(日)午前10:00〜
  ・スタンプラリー

  ・朗読劇「官兵衛の初恋〜室に嫁いだお姫様〜」
    8月31日(日)14:00〜
    室津センター

   詳細は「八朔のひなまつり」のサイトヘ

  お問い合わせは海駅館 (079-324-0059)まで。

   主催 室津を生かす会   後援 たつの市


  夏の現地見学会
     祇園祭・後の祭り「還幸祭」を見る

   日 時     7月24日(木)
   集合場所 : JR京都駅(新快速で来てください)
   集合時間 : 午前9時30分
   会 費   ;  4500円(含昼食代他)

   今年は蛤門の変で消失した「大船鉾」が復活
  「スケジュール」
    午前10時〜  花笠巡行見学
       12時   昼食
       13時   花笠奉納舞踊を見学・八坂神社舞殿にて
       15時   休憩
       16時半  四条御旅所ヘ移動
              中御座、東御座、西御座、三基の御輿の神事を見学
         17日の「神幸祭」に来ていた三基の御輿が八坂神社にお帰りになる
       18時半解散

     お問い合わせ  詳細は室津海駅館「嶋屋」友の会 (079-324-0595)まで
    

  現地見学会   

「備中高梁の雛祭りと松山城を見る」

 

 日  時   4月6日(日)

 集合場所 : 室津港荷揚げ場

 集合時間 : 午前9時30分

 参 費 : 6000円(含む昼食代)

 参 数 : 20名

 申し込み : 

      (079−324−0595)

 

 「室津の本陣」写真展

 期 間  平成26年2月18日(火)〜3月23日(日)

      午前9時30分〜午後5時

     (休館日:月曜日、祝日の翌日、月末)

 場 所  たつの市立室津海駅館

 入館料  200円(会員無料)
  H26年・室津街道整備のご案内 
 
     恒例の「室津街道」の整備をします。
     江戸時代に想いを馳せながら体を動かしてみませんか。
     冬の山道は暖かいです。
             告 知
       日 時  2月9日(日) 午前9:30 (12時過ぎまで)
       集合場所  室津漁協前
       持参するもの
              手鋸(ノコ)、軍手、お茶、お弁当


    たつの・あいあい塾  
    シーボルトの著書/江戸参府紀行のお話し

  演題:シーボルトの江戸参府
  講師:柏山泰訓(「嶋屋」友の会事務局長)
  日時:2月15日(土)19時〜21時
  場所:揖保川公民館(0791-72-2412)
  料金:初回のみ500円  JR竜野駅東・正条交差点(R2)北へ200米

  ・海駅館歴史講座

  演題:室津にやってきたキリシタン大名
  講師:鳥津亮二(八代市立未来の森ミュージアム学芸員)
  日時:2月22日(土)13時30分
  場所:室津海駅館
  料金:200円(会員無料)

  謹賀新年
    NHK大河ドラマのお知らせ

  ■  1月19日の大河ドラマ「官兵衛」は室津の「八朔のひなまつり」の元になった
    室山城落城の悲劇の物語です。〓おひな祭りに黒田家から嫁いだ志織姫と
    浦上家の婚礼の夜、龍野の赤松政秀が室山城を急襲、姫は奮戦空しく討ち死にし、
    政宗は自害したとあります。。 
    室津の人々はこの悲劇を悲しみ、非業の死をとげた花嫁の鎮魂のために
    3月3日ではなく、半年遅れの八朔にひなまつりを延しました。室津の「八朔のひな祭り     」が、このようにドラマに登場し、全国の皆さんに知ってもらえるのは嬉しいことです。
     (ドラマの中でひな祭りが演じられるかどうかは分かりません)


  ● 特別展「キリシタンと室津〜ヨーロッパに開かれた港〜
      期 間 : 10月17日(木) 〜 11月24日(日)
            休館日 : 月等日と祝日の翌日

      会 場 : たつの市立海駅諫館
      入館料 : 200円(会員は無料)
      展示説明会 : 11月22日(土) 午前10時より

  ○ 関連イベント
      石井 高氏のトークショーと&演奏会
       「天正遣欧使節とストラデイバリウス」
     
      日 時 : 11月2日(土) 午後1時30分より
      入館料 : 200円(会員は無料)
      参加者 : 先着 50名

   室津は天正少年使節が関白秀吉に聚楽第で謁見するまで一ヶ月間滞在し
  同じく秀吉に拝謁の許可がおりるまで待機していた西国大名たちに西洋事情を
  話し、持ってきた西洋楽器を秀吉より早く聴かせたところです。
  公式な資料が日本側になく今まで忘れられていましたが、今回昔の豪商の家で
  畳に座りながら天正少年使節の話や古楽器の演奏をお聴きいただきます。
  しばし秀吉になったつもりになってください。

       ※参加には整理券(当日午前9時30分より発券)が必要です。
         詳細は海駅館 (079-324-0059)まで。

  ● 展示解説とフイールドワーク
    
    特別展解説と中世の室津を歩きます。コーヒーを飲みながらの質疑応答で
   締めくくります。興味のある方は誰でも参加できます。
       日 時 : 11月24日(日)午後1時より
       集合場所 : 室津海駅館
       参加費 : 500円
       参加者 : 20名
       ※ 歩きやすい服装でご参加ください。



   第11回(平成25年)・八朔のひな祭り

     夏は陽ざかり 雛ざかり
     8月24日(土)〜9月1日(日)

    催し物   ■ 室津海駅館  粘土工芸「人形たち展ーお夏・清十郎ー」
           ■ 室津民俗館  引田(ひがし香川)の雛人形展示
                       
        ・スタンプラリー(8/24(土)・25日(日)・31日(土)・9/1日(日)  
        ・ひな遊び(各雛飾りの家)

    灯りと音楽の夕べ
          「室津をうたう」
      日 時 : 8月25日(日)18:30〜20:00

      場 所 : 室津児童館広場
      出 演 : ひとつ山こえてみよう会

        主催 室津を活かす会  後援 たつの市


  企画展 『 漆 道 』
 
 日 時 : 6月15日(土)〜6月30日(日)
 場 所 : たつの市立室津海駅館
 入館料 : 200円(会員無料)
 作 品 : 30点展示
 
 特別公開 寂静寺仏像(無料) : 6月16・23・30日
                     午後10時〜午後4時
 講演会 6月30日(日)午後1時30分〜
      漆師・岡田道明氏による作品及び書写塗の解説


『2013年秋、日本でのヴァイオリン調整、修理とトークショーのお知らせ』

職人 石井高 トーク・コンサート開催

11月2日  兵庫県室津(たつの市)、室津海駅館(歴史資料館)

 室津は天正少年使節が関白秀吉に聚楽第で謁見するまで一ヶ月間滞在し
同じく秀吉に拝謁の許可がおりるまで待機していた西国大名たちに西洋事情を
話し持ってきた西洋楽器を秀吉より早く聴かせたところです。
公式な資料が日本側になく今まで忘れられていましたが、今回昔の豪商の家で
畳に座りながら天正少年使節の話や古楽器の演奏をお聴きいただきます。
しばし秀吉になったつもりになってください。

  詳細はホームページで9月に発表します。

 なお5月13日から日本に所用があり2週間ほど滞在します。
日本での連絡はすべてE-メールか携帯電話でお願いいたします。
  080−8036−8425

     〜朝鮮通信使特集〜
  特別上映イベント 6/11(火)18:00 赤とんぼ文化ホール中ホール
    ユン・テヨン来場
    舞台挨拶あり!  
   入場券絶賛販売中!!

      歴史の中に生き続ける事実が
      今 この瞬間につながる
      日韓関係を語る全ての人に

             り  げい
               李  芸
              Lee Ye
                最初の朝鮮通信使
          
日韓共同製作ドキュメンタリー映画

        ナビゲーター       ナレーター       監督
        ユン・テヨン       小宮悦子       乾 弘明


     賀茂神社の森を守ろう

   室津の賀茂神社には兵庫県下で唯一のイスノキとタブノキを
  主とする森が残されています。絶滅が心配されているこの樹を
  守ろうと昨年、樹を植樹しました。今年しも整備します。

       日 時 : 3月17日(日) 9:30〜12:30
       場 所 : 室津賀茂神社(駐車場は室津小学校)
       参加費 : 無料
       持参品 : 鎌、手ノコ、軍手、帽子、弁当、水筒
       問合せ先 : 賀茂神社(079-324-0032)


  H25年・室津街道整備のご案内 
 
     昨年12月毎日テレビで大きく取り上げられた「室津街道」
     の整備をします。
     江戸時代に想いを馳せながら体を動かしてみませんか。
             告知
       日 時  2月3日(日) 午前9:00
       集合場所  室津漁港
       持参するもの
              手鋸(ノコ)、軍手、お茶、お弁当

       問い合わせ 室津海駅館嶋屋友の会   ● テレビ出演! 4Ch MBSテレビ
 番組プリプリ GOGOハイキング
    
 室津、室津街道、嫦娥山(じょうがやま)を歩く
       途中、津田正水産で牡蠣剥き体験、牡蠣試食

      ◇視聴者プレゼント 牡蠣ホタテ詰め合わせセット◇

   放映・12月17日(月)午前9:55〜
   出演 プリマ旦那(吉本タレント・二人組)
   ガイド 守谷忠彦(「島屋」友の会)
        3人組の愉快なハイキング


  ● 「島屋」友の会が兵庫県の第38回・平成24年度
   「ともしびの賞」を受賞しました。

     贈呈式    代表と役員、2人が参加しました。
     11月20日(火) 兵庫県立美術館
     主催 兵庫県
        「贈呈事由」

        永年にわたり地域の歴史文化を保存継承するとともに室津街道の
        の整備を通じた魅力ある町づくりに努めるなど地域文化の向上に
        尽くされました。


  

 ●  室津海駅館特別展
            
平 清盛と西国の海

      とき 平成24年10月17日(水)〜12月2日(日)
              ところ たつの市立室津海駅館

      歴史講座  「平家物語を楽しむー平の清盛
              とき : 11月23日(祝・金)  午後1時30分〜
              講師 : 山下弘明先生(名古屋大学名誉教授)

      展示説明会     10月28日(日) 午前10時〜
   
      関連イベント「室津海駅館コンサート」
              とき ; 10月27日(土)  午後2時00分〜
              演奏 : 前田船山 ほか 尺八、筝、中国ニ胡のコンサート
                                いずれも入館料が200円必要
       主催 たつの市教育委員会  企画/室津海駅館専門委員会
           問合せ先  たつの市立室津海駅館  TEL 079‐324‐0595
 
  室乃津祭
       
   
買って満足、観て満足、室乃津に大集合!!

     平成24年11月11日(日)
     
午前10時〜午後1時00分「雨天決行)
     場所 室津港(荷揚げ場)
         ● とれとれ魚の直売・室津港に揚場 10:10〜 遊覧船乗り場
         ● 船から見た室津・遊覧船にて
            10:10/10:50/11:30/12:10   有料 大人 300円/小人 100円
         ● 魚のつかみ取り(小学生以下 先着 各130名
            1回目 10:30〜 2回目 11:30 特設会場
         ● スピードくじ(空クジなし)
           1回 100円(1500人分)
         ● マグロ解体ショー・直売
            ・新鮮な魚の直売 ・海鮮汁試食会 ・ミズ餃子試食会 ・各種模擬店
                        
          「平清盛と西国の海」 特別展開催中(室津民俗館・室津海駅館無料開放)

       主催/室津活性化対策実行委員会  後援/たつの市

  
10回(平成24年)・八朔のひな祭り

     夏は陽ざかり 雛ざかり
     8月25日(土)〜9月2日(日)

    催し物   ■ 室津海駅館  「平成の菩薩さま」展
           ■ 室津民俗館  引田(ひがし香川)の雛人形展示
                        「お雛さまと手芸」展

        ・スタンプラリー(土、日のみ)  ・ひな遊び(各雛飾りの家)

      ■ 8月26日(日)朗読劇 17:00〜 海駅館 「わくわく平家物語」
      ■ 9月2日(日)10:00〜14:00 室津センター 「記念バッチつくり」

        主催 室津生かす会  後援 たつの市

    現地見学会

 「岩屋神社のおしゃたか神事を見る」

  日時:7月15日(日)

午前9時〜午後1時

   集合場所:山陽電車明石駅前

   参加費:2000円(含む昼食代)

       (昼食を希望しない方は500円)

   申し込み:室津海駅館「嶋屋」友の会

        ?079‐324-0595

   締切日:7月10日(火)

 ● むろのつ(会報誌) Vol 19 発行!
                    2012年6月

  上インタビュー

       
『万葉集』は文化財
           奈良大学文学部教授・文学博士  
                          上野 誠
   
  特集  『万葉集』世界  
      
    
       1.『万葉集』と現代           坂本 信幸 
                             
       2.ドラマチック海道 播磨灘と「万葉集」
                             楠木 立身
       3.瀬戸内地方の「万葉地名」覚え書き
         柿本人麻呂の「 旅八首」をめぐって  小宮山 輝
       4.鞆の浦の万葉歌八首
                             戸田 和吉

       誌上ギャラリー 「弦想華とあざみ」
                               西明寺 末一
                             
    水で繋がれた歴史の中で その5  平清盛の瀬戸内海
                               岩井 忠彦
    町並み探訪   「明 石」          
                               八木 雅夫   
    十冊の本を読むH
       『花嫁のアメリカ歳月の風景1978〜1998』
                               安井 道夫
    博物館遊歩R  奈良県立万葉文化財
                               柏山 泰訓


     現地見学会
         「広峯神社のお田植え祭」を見る 

    ■ 日 時  4月3日(火)  午前10時〜午後1時
    ■ 集合場所  広峯神社
    ■ 参加費    500円(昼食希望者2000円)
    ■ 申し込み   室津海駅館「島屋」友の会

     トヨアシハラのミズホ国である日本では稲作儀礼は大切な民族行事です。
    お田植え祭は豊作を願う予況の一つです。姫路の広峯神社では毎年4月3日
    にお田植え祭が行われます。この祭は、姫路平野の農業と密接に結びついて
    いて、五穀豊穣を祈る神事だけでなく、その年のワセ、ナカデ、オクテの稲
    いずれかの豊作をうらなう行事でもあります。友の会ではこの民俗行事の
    見学会を企画しました。


     賀茂神社の森を守ろう

    室津の賀茂神社には、兵庫県で唯一のイスノキとタブノキを主とする
   森が残されています。この森は、兵庫県レッドデーターブックのBランク
   (絶滅の危険が増大していて、極力、生息環境・自生地等の保全が必要)
   にも位置づけられています。
    ところが、数年前の台風で、大きな被害を受け、このまま放置すれば、近い
   将来、取り返しのつかないことになりかねません。なんとか私たちの手で、
   りっぱな森に復元したいものです。
    次の要領で、保全作業を行いますので、力を貸してください。
 

        日 時 : 3月4日(日)  10:00〜16:30 雨天決行
       集合場所 : 賀茂神社境内
       駐車場所 : 室津小学校横駐車場
       作業内容 : ・ 林内に繁茂するつるの除去
                ・イスノキ苗植える    ・ 除草マットを敷く
       持ってくるもの : 鎌、軍手、帽子、弁当、水筒
                   (昼食時は豚汁を準備しています)


        連絡先 : 賀茂神社  079−323−3171
                室津海駅館 079−324−0595 
                柏山泰訓  079−324−0040
 
      たでのはな美術館所蔵
      
 「叙情版画 竹久夢二展」

    期間 : 平成24年2月11日(土)〜3月20日(火・祝)   
          午前9時30分〜午後5時(休館日 月曜日)
    場所 : たつの市立室津海駅館
    入館料 : 200円

    主催 : たつの市教育委員会
    企画 : 室津海駅館専門委員会
    お問い合わせ : 室津海駅館 TEL 079‐324‐0595

     同時講座
      歴史講座「風土記を楽しむ」
        奈良時代から続く室津の歴史について、「風土記」 を題材に
        紹介します。

    とき : 平成24年2月19日(日)午後1時30分〜
    講師 : 植岡 真弓氏 (播磨学研究所研究員)
          ※入館料のみで、講座の受講は無料です。

     特別展
     
琉球使節の江戸上り

     と き ◇ 平成23年10月19日(水)〜11月27日(日)
     ところ ◇ たつの市立室津海駅館

    特別講演会 「江戸の流行 : 琉球人がやって来る」
     と き / 平成23年11月27日(日) 午後1時30分〜
     ところ / たつの市立室津海駅館
     講 師 /  横山 学氏(ノートルダム清心女子大学教授)

       琉球が幕藩体制の中で、「王国を存続していくための儀礼の一つが琉球使節の
     江戸参府でした。使節は徳川将軍の代替わり(慶賀使)と、琉球王国の代替わり(謝恩使)
     のたびに派遣されました。これを「江戸上り」といい、1634年から1850年まで合計18回
     行われました。使節団は、100人ほどで編成され……、  

    現地見学会

    
「梛八幡神社の獅子舞を見る」

      
たつの市の梛八幡神社の例祭(神岡)、奉納される獅子舞は県の
      重要無形文化財に指定されています。数百年の歴史があり、
      氏子16部落が交代で当番制となって、伝統の神事、獅子舞を
      部落ぐるみぐるみでにぎやかに奉納します。
      晴れやかな衣装つけた子どもたちが獅子の周囲でたわむれ、
      最後の獅子舞では大人の肩の上に乗ってアクロバットのような
      演技をみせます。友の会では地元の方の協力により企画しました。

      ■ 日  時   10月20日(木) 午前10時30分〜午後4時                           
      ■ 集合場所  現地
      ■ 参加費    2,000円(含昼食付)

       ■ 参加人数  15名
         申し込み先 室津海駅館「島屋」友の会
                 
 TEL 079‐324‐0595


     2011年度 姫路文連5回連続講座
      茶座「いま・はりま」 第6弾
  
 ● 文化の見えるまちづくり−地域からの発信−

 
 第4回 「文化によるまちづくり」
        −嶋屋を例にして


      「嶋屋」友の会事務局長・御津めて室津観光ガイド代表者

               柏 山 泰 訓

        日 時   10月4日(火) 午後7時〜9時
        場 所   姫路市民会館第1教室(5F)
        参加費(資料代)  500円

      室津の柏山さんが嶋屋発足からの活動の足跡、
     会報誌『むろのつ』執筆など、歴史と文化で町づくりへの思い、
     これからの活動、地についた室津でのアカデミックな活動が
     茶座で話されます。「友の会」の皆さん、むろつに関心のある方

      町づくりに興味のある方、是非、ご参加ください。

       姫路文連ホームペ−ジ  http://bunren.himegimi.jp/

  ● 八朔のひな祭り
         夏は陽ざかり 雛ざかり

    8月20日(土)〜8月28日(日)

  【 期間中イベント 】
  ■ 名村 仁組み絵の世界「のやまへいこう」
          (於、室津海駅館)「要入館料:200円」
      作者が暮らす揖保川町の穏やかな農村で
     日々繰り広げられる自然界の営みを、作者の
     感性を通して実現した作品点です。独特の技法
     カラフルな色調は見る人の心を和ませます。

  ■ 引田(東香川市)の雛人形展示
      古くから「風の港」として知られる引田の雛人形が、
      海を通じた交流として、室津にやってきます。

  ■  平家物語と白拍子の舞い  
       (21日(日) 午前10:30〜12:00 於、賀茂神社)
      平清盛ゆかりの賀茂神社にて琵琶の演奏、
      白拍子の舞などを行います。平安朝の世界を
      お楽しみください。

  ■ ひな遊び 
      期間中、雛人形会場にて様々なイベントを開催。
      詳細は「八朔のひなまつり」へ

  ■ スタンプラリー(20日、21日、27日、28日の土、日のみ) 
     期間中の土日、雛人形会場をめぐり、スタンプカードを
     満たすと、室津センター(みなと茶屋)または海駅館にて
     景品を進呈します。
  
  ■  おひな様といっしょに記念撮影
          27日(土)10:00〜15:00 室津センター
     室津の祭りのゆかた(無料にて貸します)を着て、
     雛人形と一緒に記念撮影がとれます。お子様のみ。
     受付は室津センター(みなと茶屋)。

      主催 : 室津をかす会

       後援 : たつの市



   ● 「お夏清十郎祭り」参加中止

     8月7日のお夏清十郎祭りのイベントは、
    まちづくりの集いが室津であるため、中止にします。

   むろのつ(会報誌) Vol 18 発行!
                    2011年5月

  上インタビュー
       
風景と町づくり
  
         東京工業大学名誉教授・工学博士  
                          中村 良夫
   
  特集  「風景学事始」  
      
    
       1.風景の変化             千田 稔 
                             
       2.瀬戸内海の風景変化と港町のかたち
                             岡本 哲志
       3.鞆の裏の文化的景観
                             戸田 和吉
       4.日本絵画の風景表現
                             柏山 泰訓

       誌上ギャラリー 「浜辺の小屋」
                               須飼 秀和
                             
    水で繋がれた歴史の中で その4  津長の港
                               岩井 忠彦
    町並み探訪   「仁 尾」          
                               八木 雅夫   
    十冊の本を読むF
           『心より心に傳ふる花』     観世 寿夫 著
                               安井 道夫
    博物館遊歩Q 滋賀県立琵琶湖博物館
                               柏山 泰訓


 
 瀬戸内海「海の道」と
             朝鮮通信使
       シンポジウム in 牛窓


   と  き : 2011年6月25日(土)、26日(日)
   ところ : 牛窓町公民館(岡山県瀬戸内市)

   
日 程
    
25日(土) 午後1時開会式

      ・基 調 講 演 : 「牛窓と朝鮮通信使」
               倉知克直 岡山大学教授
      ・シンポジウム : 海の町ローカルとグローバル
                 下関、上関、蒲刈、鞆の浦、牛窓、室津
      ・交 流 会  : 前島にて 午後6時より

    
26日(日) 午前9時より現地見学会

      主催 : 港町ネットワーク・瀬戸内
           〈問い合わせ) たつの市立室津海駅館〈079‐324‐0595)
      後援 : 広島県・瀬戸内市・瀬戸内市教育委員会

            
財団法人福武学術文化振興財団助成事業

    現地見学会
      「平福と利神城」を歩く

      ■ 日 時   平成23年4月10日(日)
                 午前10時〜午後4時
      ■ 集 合   現 地
      ■ 参加費   3000円
      ■ 参加人数  20名
        申し込み先:室津海駅館「「嶋屋」友の会まで
    
   ● たつの市立御津中1年生と室津街道整備・校外自然学習

       
3月14日(月) 午前9:30 室津漁港集合

   
企画展「朝鮮通信使ゆかりの人形展」開催

      ■ 期 間  平成23年2月9日(水)〜3月21日(月・祝)
      ■ 場 所  たつの市立海駅館
      ■ 入館料 200円(会員無料)
      問い合わせ 室津海駅館「「嶋屋」友の会まで

  
「室津街道整備のご案内」
   
今年も街道の整備をします。主に竹や雑草の伐採作業です。
   
山の中は暖かく空気が澄んで気持ちがいいですよ。
    月には御津中の生徒と整備やります。

      1月22日(土) 午前9時 室津漁協前集合
      持参 手のこ、軍手、お弁当、お茶
      草刈機用意します。

 現地見学会
  加西市
 

  
東光寺の田遊び・鬼会を見る(たあそび・おにえ)

   ■ 日 時   23年1月8日(土) 午後1時〜午後9時30分
   ■ 参加費  5500円(含む夕食代)
   ■ 参加人数   20名
   ■ 集合    室津荷揚げ場13時、御津文化センター13:10出発
            マイクロバス。

  現地見学ツアー

   鶏籠山と宿禰神社と龍野の町を歩く

     12月5日(日)、紅葉谷・紅葉見ごろ(今年3月延期により)
      集合 : 午前9時  龍野城   駐車場 : 元霞城館駐車場
      会費 : 2500円(含昼食代) 昼食は「梅玉」
      申し込み : 室津海駅館 TEL 079-324‐0595

  特別展 「室津みちをゆく」


  ◎ とき  10月27日〈水)〜11月23日(火・祝)
         9時30分〜17時
  ◎ ところ 室津海駅館

   特別展 講演会
  ◎ とき  11月23日(火・祝)
         13時〜15時
  ◎ 講師  松原正毅(坂の上の雲ミュージアム館長)
  ◎ 演題  「司馬遼太郎のさんの旅」
  ◎ 入館料  200円(大人)


  現地見学会  
  
 「尼崎寺町と貴布禰・だんじりまつりを見る」

  ■ 日  時  8月2日(月)
            午後2時30分〜午後9時
  ■ 集  合  現地
  ■ 参 加 費  3000円(含、夕食代)
  ■ 参加人数  15名
    申し込み 室津海駅館「島屋」友の会まで

           TEL 079‐324‐0595

 ● むろのつ(会報誌) Vol 17 発行!
                    2010年5月

  上インタビュー
       
人間・宮本常
  
         武蔵野美術大学名誉教授  
                         田村 善次郎 正昭
   
  特集  「宮本常一と瀬戸内海」  
      
    
       1.宮本常一の旅に学ぶ 
                             谷沢 明
       2.宮本常一の写真と瀬戸内文化
                             印南 敏秀
       3.宮本常一と郷土大学
                             新山 玄雄
       4.宮本常一と室津
                             柏山 泰訓

       誌上ギャラリー 「室津の町
                               須飼 秀和
                             
    水で繋がれた歴史の中で その3  船 瀬
                               岩井 忠彦

    町並み探訪   「鹿 港」          
                               八木 雅夫   

    十冊の本を読むF
           『ブータン仏教から見た日本仏教』   今枝 由郎 著
                               安井 道夫
   
    博物館遊歩 台東区立下町風俗史料館
                               柏山 泰訓


  特別展
      宮本常一と瀬戸内海

    〜歩く巨人の見たふるさとの海〜

        平成21年10月21日(水)〜11月23日(祝・月)
        展示説明会 : 11月7日(土)午前10時〜
     
     
講演会
        日時  11月22日(日) 午後1時〜
        場所  たつの市立室津海駅館
        講師  谷沢 明(愛知しゅう徳大学教授)
        演題  「宮本常一の旅に学ぶ」

       主催/たつの市教育委員会 企画/室津民族館・室津海駅館専門委員会
       お問い合わせ たつの市立室津海駅館(TEL/FAX 079‐324‐0595)

● 現地見学会 船で行く『引田のひな祭り」

      引田(東かがわ市)は古代より陸上(南海道)、海上交通の
     要地として栄えた町です。今日では、古い町並み、和三盆、
     醤油で知られていますが、そのひな祭りは四国一として
     有名です。4年前より、海を通じた交流をめざし、室津と
     雛人形の交流を行なっています。今回、3月1日に海の交流
     の試みとして船で引田のひな祭り見学を企画しました。
     春の海を渡って、引田のひな祭りを見学に行きませんか。

     ■ 日 時    3月1日(日) 午前9時〜午後5時
     ■ 集合場所  室津荷揚場(カキ小屋付近)午前9時
     ■ 参加費    6,500円(含、船代、昼食代)
     ■ 定 員    25名
    申し込み先 たつの市立海駅館「嶋屋」友の会

 ●  続・室津街道整備のご案内

       昨年の暮れにクスノキ広場を中心に整備をしました。
     今回はお茶屋跡、見晴らし峠、鳩ケ峰をします。
     竹、笹、雑草の伐採などします。 お手伝い下さい。
     体を動かし、健康によいです。

      2月7日(土) 室津漁協前 午前9:30集合
      持参:お弁当、手のこ、軍手など

  ● 
県立歴史博物館

    「ものと人は船に乗って」展と野里の町屋を見る

    日 時   2月1日(日)午前10時〜午後4時
    集合場所 兵庫県立歴史博物館入口、ロビー 
           午前10時
    参加費   3000円(含、昼食)
    定 員    25名
    申し込み  室津海駅館
    主 催    「嶋屋」友の会

        お問い合わせは海駅館まで
         TEL 079‐324‐0595


  
● 室津街道整備のご案内

    今年も整備のシーズンが来ました。竹、熊笹、雑草の伐採などします。 
    街道は木に囲まれ、大変暖かいです。体を動かし、健康によいし、
    参加しませんか

      12月21日(日) 室津漁協前 午前9:30集合
      持参:お弁当、手のこ、軍手など

  ● 姫路城見学ツアー 
      
「昭和の修理をふりかえる」

     姫路城は平成21年度から5年間大天守保存修理事業に着手します。
   その前に、友の会では昭和の大修理に携わった元文部技官の
   西村 吉一氏の案内で姫路城を見学する企画をたてました。
   古き匠の心と目による修理の技術上の問題点をはじめ、これからの課題、
   姫路城の建築の秘密などを専門家の視点から説明してもらいます。
   ユーモアたっぷりに話されます。

    午後は、町屋再生塾の志賀咲穂先生(兵庫県立大教授)の案内で森家、
   初井家(歌人・初井しずえ)の再生された町屋を見学します。
   城下町姫路の残された歴史を探ります。以外に知っているようで知らない
   姫路の城と町を知るよい機会です。
   是非この機会をお見越しなく、ご参加下さい。
          (町屋の見学は森家、初井家に変更になりました)

      日 時    12月14日(日) 
      集合場所  正面登閣口  集合時間 午前9:00
      参加費    4000円(含、登閣料、昼食代 町屋カフエ「しょうあん」)
      定 員    20名 (交通は公共機関または、乗り合わせで来てください)
      案 内    西村吉一氏、志賀咲穂先生
      主催     「嶋屋」友の会
      申し込み先 室津海駅館「嶋屋」友の会0年10月21日(火)〜11月24日(月・祝)       

  現地見学会
    
上鴨川住吉神社神事舞を見る

    日時:10月4日(土)
    午後1時〜8時  場所は加東市社町です。
    集合時間は午後1時室津荷揚場です。

    参加費:3,000円

  見学予定:朝光寺(国宝)、清水寺(西国第25番霊場)、

  住吉神社(国指定重要文化財)と神事舞(国の重要無形文化財)

   第6回 八朔のひな祭り
       2008年8月23日(土)〜8月31日(日)
  関連行事

  ・「ひいな軸装展」大西嵩与と仲間達
        (於、室津海駅館)[要入館料:200円]
      たつの市在住の日本画家・大西嵩与と仲間たちが雛人形の軸装を
     展示します。尚、8月24日(日)[10時半〜15時半]は、日本画を描く
     「ひな遊び」が会場にて開催されます。(参加費:600円)御気軽に
     参加下さい。

  ・引田(東かがわ市)の雛人形展示
        (於:室津民俗館)
      引田は室津から約70キロ南に位置する港町です。古くから「風の港」
     として知られ、3月に開催される「引田のひなまつり」は四国最大のひな
     祭りイベントとしても有名です。その雛人形が、海を通じた交流として
     室津にやってきます。

  ・おくばりナイト
        日時:8月23日(土)18時〜20時
        場所:室津のまちなか 
      「おくばり」とは、七夕の夜に子供たちが菓子などの交換を行なう室津の
     伝統的風習です。一体に物の贈答は節句や盆など改まった日に大人が
     行なうものですが、それを子どもたちが模倣して遊んだものと考えられます。
     当夜は、室津の町並みをローソク灯でライトアップして、この夏の伝統的
     行事をおこないます。あなたも参加してみませんか。

     『ひな遊びのご案内』
          主催 : 室津を活かす会
          後援 : たつの市


  ●  むろのつ(会報誌) Vol 15 発行!
                    2008年6月
    
上インタビュー
       
 『風土記』 の語ること

  
          京都大学名誉教授  
                          上田 正昭
   
  特集  「風土記の世界」  
      
    
       1.風土記に見る地名の面白さ 
                             谷川 健一
       2.いまにいきる『播磨国風土記』
                             橘川 真一
       3.室の津から風土記をみる
                             寺本 躬久
       4.風土記を歩く・姫山の女神
                             植岡 真弓
       5.神功皇后の海
                             柏山 泰訓

   誌上ギャラリー 「僕の畑に春が来た」 (組み絵)
                 
                             名村 仁
   水で繋がれた歴史の中で
                             岩井 忠彦

   町並み探訪   「引田」          
                             八木 雅夫   

   十冊の本を読むD
           『日本の原発地帯』   鎌田 慧 著
                             安井 道夫
   新室津追考記 十二     
                             大川 佳樹
   博物館遊歩 九州国立博物館
                             柏山 泰訓

 ● 現地見学会
   但馬の妙見さん・名草神社を往く

   名草神社は標高1142mの妙見山の八合目にあたる標高
  800mの位置にあり、但馬地方で最も荘厳な稲の豊作を
  祈願する神社として人々の崇敬を集め、「妙見さん」と呼ばれ
  親しみまれています。なかでも、出雲大社から贈られたという
  三重塔は国の重要文化財に指定されています。本殿・拝殿は
  県の文化財に指定されており、星と神仏の関係をかたる神社
  でもあります。今回、友の会では、宮司の
  案内でこの貴重な神社の見学を企画しました。
  また、養父市の教育委員会のご好意で大庄屋屋敷、養父記念
  も見学します。但馬の歴史を知る良い機会です。
  ぜひ、参加下さい。

  ■日 時 7月13日(日) 午前8時室津発
  ■参加料 5500円(含、昼食代)
  ■定 員 25名
  ■申し込み先 たつの市立室津海駅館


  ● 西はりま・なぎさ回廊作り

   
西播磨地域には多くの自然海岸が残されています。県内隋一を誇る
  新舞子の干潟、歴史に登場する室津・坂越・赤穂、瀬戸内海国立公園に
  指定される美しい海岸、さらには広域レクリエーション施設の赤穂海浜公園や
  唐船山ビーチなど数々の海水浴場、また整備を進めているプレジャーボート
  県内でも貴重で多種多様ななぎさの資源が十分に活かされ、多くの人々に
  認知されているかと考える時、現状ではまだまだ十分とはいえない状況にあります。
  また、今後少子高齢化、交流人口の減少、経済の停滞など地域活力の低下も
  懸念されています。西播磨地域のなぎさが有する魅力、機能を最大限に
  活用し、安全に 以上のような現状を踏安心して人々がなぎさにアクセスし、
  回遊し、海とふれ合える環境を創造し、交流人口を増加させ、ひいては地域の
  活性化につないでいくことを目的とした「西播磨なぎさ回廊計画」を学識経験者や
  地域の方等で構成しています。
  西はりまのなぎさの魅力を皆さんで共有し、交流を広げていきましょう。
  
URL・ホームページ
  http://web.pref.hyogo.jp/wh04/wh04_1_000000007.html

  イベント、宿泊、グルメ情報 http://www.n-nagisa.org/site7.html


 ● 朝鮮通信使寄港地ジンポジウム

   瀬戸内海の港町のネットワークを構築し、「海の路」としての
  瀬戸内海文化の掘り起こしをめざす瀬戸内海の港町ネットワーク・
  瀬戸内(代表・柏山 泰訓)では、朝鮮通信使の寄港した瀬戸内の港町
  (下関、上関、下蒲刈、鞆の浦、牛窓、室津)の関係者が集まり、
  朝鮮通信使のシンポジウムを下記の通り開催します。

    「朝鮮通信使、これから」

    日時:3月9日(日)

        午後1時30分〜4時

        場所:鞆の浦(福山市)「フリースペース白壁」

        参加費:無料

        主催:港町ネットワーク・瀬戸内

        問い合わせ:尾道市世界遺産推進課

                                (рO848−25−7312)

        パネラー:町田 一義(下関:下関市役所)

             柏山 泰訓 室津:港町ネットワーク・瀬戸内他、

        コーディネーター:後藤 昇(広島大学教授)


● 第2回世界遺産フォーラム瀬戸内 in 福山

   テーマ 「地域価値の普遍性とは」
   日時/2008年2月1日(金)13:30〜17:30
   場所/広島県民文化センターふくやま
   主催/第2回世界遺産フォーラム実行委員会
   問い合わせ・申し込み先
     TEL&FAX 050・3489・2310(フォーラム事務局)

● 「第3回瀬戸内海会議のご案内」

   開催期日 平成20年2月11日(祝)・12日(火)
          1泊2泊(1日だけの参加可)
   場所  香川県琴平町 金刀比羅宮内(由一館会議室)
   主催  瀬戸内アンカレッジネットワーク/港町
                     ネットワーク・瀬戸内
   協力  金刀比羅宮
   参加費用 5000円 2/11懇親会のみ 3000円
   申し込み先  FAX 079・245・0865

 第6回 港町ネットワーク・引田大会
                     
   
テーマ 瀬戸内〜海からの港町活用の展望について〜

     とき : 平成19年10月6日(土)〜7日(日)
     会場 :  香川県東香川引田2163
          讃州井筒屋 TEL 0879‐23‐8550
 
   ※  詳細は 
近々のイベント案内

     お問い合わせ
         
NPO法人 東かがわ市ニューツーリズム協会
        TEL 0879‐23‐8557



    ▽ 室津民俗館  引田(東かがわ市)の雛人形展示

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 ● 「港町ネットワーク・瀬戸内 ブログ」
         を開設公開しました。


    ブログのアドレス
   http://minatomachi.dokohaku.net/

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      

 ● アルバム・はりまを歌うCD・「ローカルフイールド」好評発売中!

      「嶋屋」友の会の役員でもある守谷忠彦氏が代表を務める
     
フォーク系バンド「ひとつ山こえてみよう会」がこの5月に、
    はりまの自然・歴史・人々の暮らしを歌った結成25年の集大成
    のCDを発表しました。

    はりまに愛情いっぱいのアルバムです。室津をテーマにした
    「室の津の港」 「夢二の手紙」 「室津街道」 、はりまの地酒を
    歌いこんだ「酒呑み人生」 、龍野を歌った「桜月夜」など、
    全14曲をおさめた叙情あふれる地方讃歌のアルバムです。

    海駅館にて発売中 1,500(会員は1,300円)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     

    お問い合わせは海駅館まで
     TEL 079‐324‐0595

              

terebi


                     

室津街道五つの名所

     一番目の名所 : クスノ木広場      二番目の名所 : 山桜並木通り

     三番面の名所 : お茶や跡      四番目の名所 : 見晴らし峠

 一番目の名所 : クスノ木 径3m70cm、
 町で一番大きい。

 五番目の名所 : 鳩が峰、右に登れば
 
嫦峨山まっすぐ行けば山陽道へ
 (工場敷地なので行けない。)

 左に行けば下山コース。屋津坂を経て室津へ
     五番目の名所 : 鳩が峰  


         シーボルトが日本の美しい景色のひとつとして絶賛
         した賀茂神社、さんろう所から見た瀬戸内海